スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

むか~しむかし、修学旅行での話

こんばんは。
ちょっと気が向いて、さっきまでアルバム見てました。
もちろん高校時代のをね。
行き先は長野で5日間のスキー研修。
そこで。
色んな体験をしました。
スキーとかだけじゃないですよ、当然。

初日。
スキーでくたくたになった我が班8名はちゃっちゃと寝ました。
ま、ありきたりな話ですけどね。
僕だけ夜中に起きたんです。
他にも起きてたのかもしれないですが、僕は見てません。
で。
部屋は和室で、おしいれがあったんです。
そこから「いってーー!?」
結構な声でいきなりのイミフな台詞。
低い声だったんで、恐らく男性。
何があったのやら、起きて10分。頭の冴えた僕ですら理解不能。
ましてや朝起きてこの話を聞いた班員はもっと分からなかったでしょうね。
けどさ。
見回りの先生も同じ声を同じ時間に聞いてるんだから、夢じゃない。
最終日まで、ずっとそれを聞く羽目になりました。
んで、最終日。
次の日は愛知へ行くというこの日の就寝時間。
寝る前に風呂の時間だったので、皆と待ち合わせをして一緒に部屋へ。
そして。
部屋の前に来たと同時に開くふすま。
すごい勢いでスパーン!!と。
そして、足音だけが目の前を走り抜けていきました。
その日は、先生方の部屋に寝かせてもらいました。
結局何なのかわかんなかったですが。
ま、初日の話を信用してもらえただけでもオッケー。

さて。
なんでこんな事を書いたのかって言うと。
もうすぐ夏だから、ですよ。
肝試し。
僕は苦手だけどね。皆好きみたい。
下手な文でゴメンナサイ。
あんまし怖くないね。

今日はこの辺にて。
駄文で(ホントにね)失礼。
鈴でした。
ぐっばい。
スポンサーサイト
[ 2009/06/12 20:51 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rin773.blog85.fc2.com/tb.php/11-9172eca9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。